人気ブログランキング |

生き物たちに乾杯 A Toast to Wildlife!

オーストラリアの生き物たち(スズミツスイ、キリハシミツスイ)

今日も日本では仲間がいないミツスイ科の鳥を紹介します。
メルボルン王立植物園に入るにはいくつかのゲートがありますが、川沿いのゲートから入るとすぐに、「ピッ、ピッ」と透き通った人工的な音が聞こえてきます。最初は盲人のための誘導音みたいなものかなと思ったのですが、その音の源は実はスズミツスイ(Bell Miner)でした。
a0223993_2147197.jpg
全身がオリーブ色、眼の下縁が赤く、顔と肩に黒味が挿しています。この黒味からMiner(炭鉱夫)と名が付いたのでしょうか?
a0223993_21474240.jpg
一羽が啼くと、周りの仲間がそれに応えるように啼きます。まるで互いの位置を確認しているようでした。
a0223993_2147492.jpg
a0223993_21475729.jpg
a0223993_2148618.jpg
ちょうど子育ての最中で、忙しそうに巣へ通っていました。
a0223993_21482276.jpg


ミツスイ科といっても、同じ科なのにいろんな姿かたちをしていて、驚きます。キリハシミツスイ(Eastern Spinebill)はまるでハチドリ見たいに細く反り尖った嘴をしていました。
a0223993_21574160.jpg
暗がりでクモを捕っていました。蜜を吸うだけではないんですね。
a0223993_21594723.jpg
a0223993_21593574.jpg


今回のオーストラリアでは、もう1種のミツスイを海岸近くの保護区域で観ました。証拠写真だけですが、チャガシラハチマキミツスイ(Brown-headed Honeyeater)です。こちらの主食は虫だそうです。
a0223993_2292165.jpg

チャガシラハチマキミツスイに逢った保護区域では地面を這うように、赤い小さな花が咲いていました。
a0223993_22123960.jpg

by Omori_Seacoast | 2012-10-15 22:13