人気ブログランキング |

生き物たちに乾杯 A Toast to Wildlife!

<   2011年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

初オオタカ

今日はあいにくの天気でした。朝方は陽が射していたものの、曇りのち雨002.gif
でもいつもの公園の森ではオオタカがカラスとバトル状態でした。普段はカラスが追う立場ですが、今日のオオタカは気が強いようで、逆にカラスを追いまわしていました。残念なことにわずかな陽光が射す中、木々の合間を縫っての追いかけっこ。なかなかファインダー内に入れることができません。でも、初撮りのオオタカは、ファインダー越しにさすがに凛々しく、美しい姿を見せてくれました003.gif
木枯らし吹く、冬の間もずっとこの森に留まり、寒さを忘れるくらい探鳥仲間を楽しませてもらいたいですね。
a0223993_16455548.jpg
a0223993_16475594.jpg
a0223993_1648910.jpg
a0223993_16481711.jpg
a0223993_16474448.jpg
a0223993_16482876.jpg

by Omori_Seacoast | 2011-10-30 17:24

秋の葦原

今日は天気も良く、風もないので自転車で多摩川河川敷へ。
芦原の向うの対岸の工場を背景にチュウヒが飛んでいました。よく見ると羽が抜けて格好悪いですが、個体識別には便利です。そのうち冬が近づけば猛禽類は色々とやって来るのでしょう。
a0223993_2253569.jpg
a0223993_234177.jpg
干潟には、数は少ないですがオオソリハシシギやオオバンがいました。オオバンの目は、茶色というより、セイタカシギに負けないくらいザクロのような赤い目でした。コガモやヒドリガモなどの鴨類も種類と数が先日、訪れた時より増えていました。干潟では着実に秋が深くなっています。
a0223993_231247.jpg
a0223993_251514.jpg
a0223993_27479.jpg
a0223993_29672.jpg
先日よりさらに数も増えたせいか、セイタカシギは喧嘩が絶えません。
a0223993_26998.jpg
ユリカモメが河原の叢から飛んできたバッタを見事、空中キャッチ。
a0223993_075889.jpg
ユリカモメが多く飛び交っていると、なおさら晩秋が訪れようとしていることを感じます。
a0223993_344332.jpg
a0223993_2241712.jpg

by Omori_Seacoast | 2011-10-29 23:55

秋は日々、着実に

このところの週末はいつも雨に見舞われ、まともに探鳥を楽しめません。秋は天気が長続きしないと言いますが、それでも草木の葉は着実に色づいてきました。今日はモズが甲高い声で高鳴きして、数羽で落ち着きなく飛びまわっていました。。高鳴きは自分の縄張りに接近してきた侵入者に対する威嚇声なので、おそらく侵入モズを追いかけまわしていたのかもしれません。
a0223993_2211141.jpg
a0223993_22141753.jpg
黄色く色づいた葉の向うの枝に休むアオサギの羽も黄色く染まっていました。
a0223993_22101193.jpg

by Omori_Seacoast | 2011-10-23 22:36

鳥たちにも秋が訪れました

a0223993_0292178.jpg
夏真っ盛りの八月中旬には、炎天下でも池のカメをしり目にひょうきんに歩いていたイソシギの羽も、下のように茶色が濃くなった冬羽に換わってしまい、降り注ぐ陽光も和らいでしまいました。
a0223993_052595.jpg
a0223993_0561766.jpg
カルガモが泳ぐ池の水面にも秋の彩りが映り、色豊かなのに寂しさが増していきます。
a0223993_0574066.jpg
公園の大木には、北から渡って来たカワラヒワ(真上で木陰で暗くて、これが限界でした)や、山から下りてきたメジロが餌を探して、群れをなしてさえずっていました。
a0223993_1203521.jpg
a0223993_0595915.jpg
秋の気配がだんだん鳥たちの周りを包んでいきます。
by Omori_Seacoast | 2011-10-17 01:28

夏の思い出

今日は昨夜からの生憎の雨。夏の猛暑の間に干上がりかけていた池の水嵩も少しは増してくれるはず。そういえば、夏に干上がりかけた池にはアオサギの幼鳥が魚を求めてたむろして、力を持て余して勢いよくじゃれあって、楽しませてくれました。今日この頃は雨が降るたびに、次第に秋が深まってきます。
a0223993_1214409.jpg
a0223993_1214946.jpg
a0223993_1213958.jpg
a0223993_12165382.jpg
種が違うためか、それとも冷めているのか、ダイサギはアオサギのじゃれあいには一向に参加しませんでした。
a0223993_1218378.jpg

by Omori_Seacoast | 2011-10-15 23:11

セイタカシギの脚線美

体育の日は、ミサゴを求めて多摩川河川敷に出かけました。十数年間、ほぼ毎日通って多摩川の生態調査をしているというお爺さんに聞くと、例年、ミサゴは来るけど、今秋はまだ飛来していないとのこと002.gifただ3日前にはオオタカが干潟に現れたたそうで、その写真を見せてもらいました。あぁ羨ましい。鴨、鷺以外は何もいないと諦めかけていたら、8羽のセイタカシギがケッケッケッと啼きながら下流から飛んできました。
a0223993_2334969.jpg
なるほど脚は長くてとても細い。成鳥の脚の色はピンク、でも真中の幼鳥は脚の色が橙色。
a0223993_23255256.jpg
よーく見ると、虹彩は真っ赤です。干潟で餌をついばむ蟹の大群を背景にゴカイをしきりに食べて、食べ放題と思われる蟹には目もくれていませんでした。
a0223993_011724.jpg
東京湾周辺では繁殖しているらしく、珍しくもないでしょうが、こんな日は、のどかな干潟の主役になってしまいます。立ち姿が水面に写ると、よけいに脚が細く長く見え、長いはずのコサギの脚すら見劣りします。もちろん鴨の脚は比較対象外です。
a0223993_23271054.jpg
a0223993_2322850.jpg

by Omori_Seacoast | 2011-10-15 00:01

ヒタキの共演

今日は公園には午前中早くには、一昨日と同様にサシバが飛んでいたそうで、遅くやって来た私は見ることができませんでした002.gifがっかりしていた私に、探鳥仲間から広場に複数のヒタキが飛んでいるとの知らせが017.gifエゾビタキとコサメビタキが盛んに虫を空中で捕まえては食べています。まずは左にエゾビタキ、右にコサメビタキがファインダー内に収まり、飛翔比べ。
a0223993_116538.jpg
a0223993_1211198.jpg
a0223993_1214949.jpg
a0223993_1222586.jpg
a0223993_1231697.jpg
a0223993_1234670.jpg
a0223993_1242939.jpg
次はエゾビタキの単独演舞003.gif
a0223993_1451896.jpg
a0223993_148294.jpg
a0223993_1522152.jpg
コサメビタキも負けてはいません017.gif
a0223993_158159.jpg
a0223993_202038.jpg
a0223993_150726.jpg
でも、ちょっと待って034.gif君はまさかキビタキの雌?
a0223993_245851.jpg
a0223993_262598.jpg
ヒタキ達が集う向うの空にはチョウゲンボウが空高く円を描いていました。
a0223993_295552.jpg

by Omori_Seacoast | 2011-10-09 23:55

羽ばたくゴイサギとオバサン走りのササゴイ

a0223993_1532691.jpgゴイサギといえば左のように水面に姿を映して佇んでいると落ち着いた雰囲気を持っていますが、下のように時には羽ばたく姿を目にすると、やはり飛ぶ鳥なんだと改めて認識します。
a0223993_1571223.jpg

一方、ササゴイは、海岸の浅瀬で捕った魚を狙って捕るまではいいのですが、捕えた魚をくわえて砂浜に急いで戻る姿を見ると、とても飛ぶ鳥とは思えず、その焦った歩き(走り?)方を見ると、まるでバーゲンセールのワゴンからお好みの商品をやっとの思いで掴んでレジに持っていくオバサンみたいです。
a0223993_158331.jpg
a0223993_1584478.jpg
a0223993_1585617.jpg
a0223993_15984.jpg

by Omori_Seacoast | 2011-10-08 02:33

ツミはやっぱり雀鷹

話は、とある夏の日に遡ります。今春から毎週のように探鳥に行く池には朝から何も鳥は訪れず、暇な時間をただひたすら過ごすだけ002.gif
突然、背後でバサッと何かが落ちる音。ふり返って見ると、何やらハトほどの大きさの鳥が地べたに着地していて、一瞬にして林の中へ飛び立ちました。鳥影を追い、頭上を見上げると、その正体はなんと枝に止まって雀を捕食しているツミの幼鳥ではありませんか003.gif
a0223993_1334811.jpg
a0223993_1121791.jpg
雀と比べても分かるように、鷹と言ってもさすがに小さい。これくらい小さいとやはり、読んで字のごとく雀くらいの小鳥しか捕えられませんね。
a0223993_1293039.jpg
a0223993_112468.jpg
a0223993_1341030.jpg
最近は都市部では緑化に伴い、繁殖例も増加しているそうです001.gif
by Omori_Seacoast | 2011-10-07 01:29

カワセミはスズメバチを食べる?

休日にいつも出かける近くの公園で見かけるカワセミの若鳥。時々、間近の木に停まることもあります。ファインダーを覗いていると、カワセミにスズメバチが接近。「ムムム、何奴033.gif
a0223993_17353835.jpg
構えたと思いきや、
a0223993_17363935.jpg
一瞬にしてスズメバチをパクッ。スズメバチは刺すこともできず、ギブアップ007.gif
a0223993_17382961.jpg
a0223993_17381988.jpg
その後、カワセミは捕えたスズメバチを飲み込んだのか、否か?飛び去ってしまい、謎のままです。
by Omori_Seacoast | 2011-10-06 01:32