人気ブログランキング |

生き物たちに乾杯 A Toast to Wildlife!

<   2011年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

秋の装い

今日は日中は昨日と打って変って暖かったとはいえ、朝はやはり冷え込みますね。公園の蔦はよりいっそう赤く色づきました。
a0223993_105816.jpg
公園の森の中の日当たりのよい斜面の楓はやっと色づいてきたところで、これからが見頃です。
a0223993_101737.jpg
昨日とは別の木でまた日向ぼっこをするカマキリを発見しました。これはオオカマキリの緑色タイプらしい。
a0223993_112020.jpg
また別の場所では枯れ葉色のカマキリを発見しました。こちらはコカマキリの褐色タイプ。前脚の内側の赤白黒のダイナミックなトリコロールが粋ですね。彼らは冬眠を前にまだ餌を探しているのでしょうか?
a0223993_114769.jpg
ジョウビタキが久しぶりに陽だまりに姿を見せてくれました003.gif
a0223993_1421853.jpg
a0223993_1405456.jpg
a0223993_124222.jpg
公園の花壇には大きめのミニトマト大の可愛いリュウキュウスズメウリの実がたくさんなっていました。もう少し経てば赤い実に変わるそうで、楽しみです。
a0223993_13784.jpg
今日のオオタカ幼鳥は一時的に保護預かりの身となっていましたので、残念ながら自然の中での勇姿を見ることはできませんでしたが、幼鳥とはいえ間近に見るとやはり美しい姿ですね。でも昨日の成鳥は子供を置いて何処へ行ってしまったのでしょう?
a0223993_1303147.jpg

by Omori_Seacoast | 2011-11-27 22:59

オオタカは森に居ることは居るんですが

近所の公園の森には今もオオタカは複数羽が居るようですが、なかなか良いシャッターチャンスを与えてくれません。木に止まってくれても逆光だったり、テレコンを着け替えている間にタイミング悪く飛び立ったりで、今日、撮れたものはこの程度007.gif自分の未熟さに反省しきりです。
a0223993_0404686.jpg
公園の池には珍しく1羽のヒドリガモ♂が訪れていました。でもカルガモ達は、ずっとヒドリガモの存在を無視005.gif
a0223993_04135.jpg
また公園そばの運河や干潟には、羽を休める鴨の種類や数が増えてきており、カルガモの群れをなす数も増え(写真上)、キンクロハジロも遠くに確認しました。また2羽のオオバン(写真下若鳥でしょうか)も仲良く泳いでいました。
a0223993_171035.jpg
a0223993_0413152.jpg
今朝は冷え込みましたが、天気は良かったのでカマキリが、鳥に狙われることも覚悟しているのか、じっと陽光を受けて体を温めていました。まだ冬眠していなかったんですね。
a0223993_04139100.jpg

by Omori_Seacoast | 2011-11-26 23:39

初めてハイタカが目の前に/Eurasian Sparrowhawk

今日は天気予報では曇りのはずだったのですが、朝からよく晴れてくれ、絶好の探鳥日和でした。息弾ませて公園に到着したときには既にオオタカの成長が勇姿をお披露目した後でした。うむむ残念、無念007.gifオオタカが再び現れることを期待して待つ間、またまた馴染みのコゲラやシジュウカラを撮っていたら、目の前の樹にたまたまが小さなタカが止まりました。この公園でツミを二度、目撃しているので、最初はツミかなと思っていたのですが、よくよく調べるとどうやらハイタカです。しかもハイタカとは最初の出逢いです003.gif
a0223993_22154512.jpg
a0223993_2283360.jpg
a0223993_2284599.jpg

by Omori_Seacoast | 2011-11-23 22:30

雨は上がったけれど

昨日の土砂降りが嘘のように今日はお昼前から晴れ上がりました。雨上がりの蔦の葉が鮮やかに色づいていました。
a0223993_18135757.jpg
先日まで2羽いたオオタカの成鳥は幼鳥を残してどこかへ飛び去ったのか、公園の森には幼鳥1羽しか、今日は姿を見せませんでしたし、これまでのように親鳥を呼んで啼くこともありませんでした。冬を前にやっと親離れしたのでしょうか。
a0223993_1895917.jpg
その幼鳥も枝から飛び去ったあとは、いつまで待っても再登場することはありませんでした。カルガモたちはオオタカが居ないことを知っているのか、池で大はしゃぎでした。
a0223993_18162861.jpg
a0223993_18163794.jpg
オオタカをじっと待つ間、傍の木ではコゲラやシジュウカラが冬を前に忙しそうに餌をついばんでいました。
a0223993_18151882.jpg
a0223993_1819845.jpg

by Omori_Seacoast | 2011-11-20 18:21

東京都心の紅葉はまだ先

最近のテレビでは東北、甲信越の紅葉を巡る旅行番組が流れています。紅葉前線は着実に南下していますが、奥多摩や箱根では見頃を迎えているそうです。でもいつも思うのは、箱根の山の紅葉はいまひとつで、燃えるような色彩というより枯れ葉色に近いので、いつもがっかりします。さらに都心では昼夜の気温差が少ないから、盆地で冷え込みが厳しい京都のような見事に色づく紅葉は期待薄です。京都の紅葉は、どちらかといえば神社仏閣をセットにした建屋との調合の美しさで、それはそれで風情があっていいのですが、やはり北国の紅葉が、スケールといい、赤黄緑の彩りといい、私には一番の色彩風景です。9月下旬の紅葉の時期には、第二の故郷の北海道をたびたび訪れていますが、今年も行かなかったので、今日のように悪天候で外出もままならない日は2年前の写真で大雪山系の紅葉を愛でることにします。旭岳に登れば、眼下の風景には湖沼の青も混じり、紅葉の鮮やかさを際立たせます。
a0223993_21545519.jpg
また黒岳の登山道から見下ろせばダケカンバの白い幹が赤や黄色と優しく調和します。
a0223993_20541597.jpg
黒岳の頂きまで登れば、そこはもう高山地帯の風景が眼下に広がります。チングルマの白い綿帽子が一面に輝いていました。
a0223993_1957325.jpg
キタキツネ、ホシガラス、シマリスなど高山で逞しく生きている動物達にも出会えます。
a0223993_19542897.jpg
a0223993_19552934.jpg
a0223993_1958144.jpg
a0223993_20334528.jpg

by Omori_Seacoast | 2011-11-19 20:36

雨の日は写真を絵画風に変換

今朝から生憎の土砂降りで、鳥たちに遭いに行きたくても行けません002.gifこんな日はこれまでに撮りだめた写真の中から選んだもので、画像処理ソフトで水彩画風に加工してみました。実際に試してみて最初に分かったことは、やはりフォーカスが合い、かつ画質が良くないと、どんなに加工しても絵としても味気ないものになってしまうことでした。今夏に撮ったカワセミです。
a0223993_10582415.jpg
a0223993_10575924.jpg
a0223993_10581346.jpg
さらに分かったことは、上の絵(?)では水面を背景にしているように、背景はできるだけ簡素であること。確かに花鳥風月を描いた日本画の背景は無いに等しいですよね。これは動植物の写真と同じことですね。下の2枚の絵ぐらいのボケボケの背景が限界でしょうか。
a0223993_1125279.jpg
a0223993_117714.jpg
梅の花の蜜に誘われるメジロは絵画風にした方が、写真でリアルに表現するより趣がでるみたいです。
a0223993_1165598.jpg
a0223993_1142486.jpg
さらにコサギは水彩画風にすると渋さが増します。
a0223993_1171789.jpg
残念なのは、画像ソフトの中に油彩画風やパステル画風など、いくつもの選択肢があるのですが、水墨画風への変換メニューが無いことです。でもフリーソフトですので贅沢は言えないですね028.gif
by Omori_Seacoast | 2011-11-19 11:52

鷹の森

週末にはほぼ訪れる近所の公園の森には、オオタカは親子二羽どころか両親?2羽と若鷹1羽の合計三羽もいました。まだ若鷹には自立心はないようで、森の中からは、しきりに親鳥に餌をねだるように啼き声が聞こえるばかりでした025.gif。今日は勇猛な姿を近くで写真に納める機会はありませんでしたので、遠くに捉えた一羽の親鳥の飛翔を連写したものを合成しましたのでどうぞご覧ください。決してオオタカの群れではありませんので、くれぐれも誤解のないように。
a0223993_1351616.jpg
またこの森では4か月前にツミと出会いましたが、今日も暗い森の中、遊歩道脇の樹上の枝にひっそりと佇むツミの幼鳥とばったりと再会(?)しました003.gifやはりこの森でツミは繁殖しているみたいです。こちらからは暗がりの中、ツミのお腹の白さだけが目立ち、全身はシルエットに近い状態でしか見えませんでしたが、きっとツミからは自分にレンズを向けた人間の姿はしっかりと見えていたようで、さっさと音もなく飛び立ち、枝を移動しながら、やがて森の奥へ消えました。
a0223993_13172041.jpg
今日は確かにありがたくも鷹を2種類も見れたのですが、鷹に向けてカメラのシャッターを切る時間はほんの短いものでした。鷹と違って警戒心の少ないコゲラ君には失礼ですが、暇つぶしにたくさん撮らせてもらいました。餌が少なくなる冬に備えて、一生懸命、木肌をつついて虫を啄んでいました。ボーダー柄のボディがキュートです。
a0223993_14143468.jpg
a0223993_13275575.jpg

by Omori_Seacoast | 2011-11-13 23:57

秋の夕暮れ時の水辺

昨日の雨でできた水たまりを、水飲み場として、それとも鏡として気に入っているのか、若いハクセキレイが寄ってきました。
a0223993_12331662.jpg
秋も深まり、早々と西に傾いた陽の光を反射して、それまでは海松色(みるいろ)だった池の水は金色に輝きだし、ハクセキレイを柔らかく包み込みました。
a0223993_12342815.jpg
a0223993_12353485.jpg
a0223993_12362475.jpg

by Omori_Seacoast | 2011-11-12 23:29

二度遇うことは三度遇うオオタカ

昨夜からあいにくの雨057.gif今日はもう撮り鳥を諦めていましたが、午前中、雨が上がっています001.gif大急ぎでペットの猫と魚の世話を済ませた後に、自分の朝食を済ませて早速、森へ出かけました。既に森には撮り鳥仲間のKさんが居ました。森へ着いた途端にオオタカの鳴く声が響いています。今日は幸先がよいとはいえ、雨上がりの森は暗いです。でもこんな時には、やはり愛用レンズの328は威力を発揮します066.gifISO800で+0.7EVの補正を加えても1/2000でシャッターが切れます017.gif昨日のようなドジは踏まないように、シャッターモードを確認してからの撮影開始012.gifおかげで今日はオオタカの飛行ショーを連写できました003.gifこの森にはオオタカが二羽いることも目視で確認できました。冬越しだけでなく、来春はこの森で営巣できるくらいに環境が整うことを願うばかりです043.gif
a0223993_17650100.jpg
a0223993_1742872.jpg
a0223993_1743674.jpg
a0223993_1744850.jpg
a0223993_1745882.jpg
a0223993_175672.jpg
a0223993_1751678.jpg
a0223993_1752329.jpg
a0223993_175329.jpg
a0223993_17540100.jpg
a0223993_1754770.jpg

by Omori_Seacoast | 2011-11-06 16:53

2度目のオオタカ/Northern Goshawk

明日は天気が崩れるとのこと057.gif今週末にいつもの公園でオオタカに遭えるのは今日しかないと思い、朝から公園内をあちこち探していました。湿度が高いせいか、残念なことに空気は霞んでいます。突如、オオタカは林の中から飛び出し、別の林の中へひとっ飛びして、鳴いています。林から出てくるのは今か今かとカメラを構えて待っていましたが、一向に出てきません。そのうち鳴き声は止んでしまい、林の裏へ脱けたのか?じっと長い間、待ち構えていると再び鳴き始めたと思いきや、林の中から飛び出してきました。思わずシャッターを切ったら、なぜかカメラはいつの間にかシングルショットモードに005.gif今更、連写モードに切り替える余裕はありません008.gifお陰でせっかくの高速連写シーンも、わずか1枚しかまともに撮れていませんでした007.gifでも今日は1枚撮れただけでも今日は良しとしましょう006.gif
a0223993_23421014.jpg

by Omori_Seacoast | 2011-11-05 23:30