人気ブログランキング |

生き物たちに乾杯 A Toast to Wildlife!

<   2012年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

オオタカ幼鳥はカラスがお好き/Juvenile Northern Goshawk

Nの森にはやはりオオタカ幼鳥は2羽います。午後2時過ぎに観察窓のそばの木の枝に止まった幼鳥の顔には眉斑がくっきりと見えます。眉斑がある顔立ちは、成鳥にも似てきて凛々しさが増します。
a0223993_2281982.jpg
a0223993_22202853.jpg
一方、こちらの幼鳥は陽光が弱まった昼遅くに池の斜面に佇んでいた個体です。上の幼鳥と比べると眉斑はまだ明瞭ではありません。この幼鳥が、いつもカラス小屋に入っている個体なのかもしれません。こちらを気にしているのに、その場からは動こうとしません。脚元の陰には何やら黒い物体があるような気がします。
a0223993_22463410.jpg
しかも嘴の周りの顔は赤黒く血糊で汚れています。
a0223993_2234573.jpg
a0223993_22354310.jpg
a0223993_2238230.jpg
その血糊の元となった黒い物体は、やはり幼鳥の餌食になったカラスでした。まだまだ食べ足りないらしく、お持ち帰りしました。
a0223993_23171077.jpg

by Omori_Seacoast | 2012-01-29 23:43

逆光の中のハイタカ/Eurasian Sparrowhawk

今日はハイタカが森や干潟を往ったり来たりで一処に落ち着きません。カメラを正面で構えていても、そんなことは気にせず、運河の向うから太陽を背にして悠々と巣に戻ってきました。+1.7EVの補正を加えてもまだ映像は真黒。レタッチしてやっと胸や腹の横斑が濃く、脚の中指が長いのでハイタカであることが判りました。
a0223993_21484847.jpg
a0223993_21474836.jpg

by Omori_Seacoast | 2012-01-28 23:46

メジロの舌は意外と長い

今日も東京の朝は冷え込みました。そのせいか、裏T公園には朝は鳥が現れず、陽が高くなってから、メジロやモズ、ツグミが現れました。
メジロはピラカンサやノイバラの赤い実をしきりに食べていました。
a0223993_1364867.jpg
メジロの舌が意外と長いことに気付かされました。椿などの花の蜜を吸うには、やはり長い舌は必要ですね。、
a0223993_13731.jpg

by Omori_Seacoast | 2012-01-28 23:35

やっと雨が止んで

ずっと乾燥注意報が出ていた東京にも、一昨日と昨日は霙、そして今日は朝から雨が降り、気温もぐっと下がり、とても探鳥ができるような天気ではありませんでした。もちろん鳥たちもこの悪天候にじっと耐えていたと思いますが、私もじっと家で耐えていました。でも午後2時過ぎには雨も上がり、再び降る気配もなかったので、最近、Nの森探鳥会仲間の間で話題になっている裏T公園へ運動がてら視察に出かけました。雨上がりのせいか、何も居る気配はなかったのですが、奥に入って行くとすぐそばで何やら枯れ草をかき分ける音が。野良猫かと思いきや、突然、オオタカの幼鳥が飛び立ちました。残念ながら後ろ姿しか撮影できませんでした。
a0223993_22195017.jpg
普段は水面でひょうきんな顔をしてのんびり泳いでいるキンクロハジロが飛んでいる姿をそばで見たのは、不思議なことに初めてかもしれません。
a0223993_22132958.jpg
岸辺の杭に止まった小鳥はホオジロ科の鳥だと思うのですが、ノジコでしょうか?それにしては色が黄緑っぽくありません。どなたか教えてください。
a0223993_049051.jpg
1時間ほどの視察でしたが、最後にオオタカ成鳥が現れてくれました001.gif短かったとはいえ、とても充実した1時間でした043.gif
a0223993_22195953.jpg
a0223993_2220614.jpg

by Omori_Seacoast | 2012-01-22 23:51

見得を切るハイタカ/Eurasian Sparrowhawk

今日は、公園のボランティアの方々による干潟の草刈がありました。オオタカは草刈機の音を嫌ってか、姿を見せません。草刈も終了しボランティアの皆さんが休憩した頃には、オオタカの代わりに若いハイタカが飛んできました。
a0223993_22135491.jpg
枝の先端に止まると、まるで歌舞伎役者のように2時間余りもの間、いろいろと見得を切っていました。
a0223993_22161894.jpg
a0223993_2219768.jpg
「よー、ハイタカ屋029.gif
a0223993_22202131.jpg
a0223993_22225318.jpg
やっと飛び立ったと思いきや、この森が気にいっているのか、別の木の枝に移って、しばしの休憩を取っていました。
a0223993_22463110.jpg
a0223993_22241449.jpg
どうやら、この森の常連さんになりそうですね003.gif
by Omori_Seacoast | 2012-01-15 23:59

オオタカの捕食の跡?

今朝は、いつもカメラを構えてオオタカを待つ干潟のポイントに、むしられた鴨の羽と翼と一部の遺骸が残されていました。羽の模様から、犠牲になったのはカルガモあるいはオナガガモでしょうか?先日、オオタカが鴨を襲うのに失敗したところを目撃しましたので、おそらく昨日あるいは今朝早くにオオタカによる捕食がここであったと思われます。
a0223993_0121583.jpg
現場近くの運河ではオナガガモ♂が何故か1羽だけ泳いでいます。心なしか寂しそうに見えます。
a0223993_0123289.jpg
やっと塒から飛び出したオオタカ成鳥はお腹が膨れています。きっと犯人はこいつですね。
a0223993_0164220.jpg
オオタカを待つ間、持参したミカンを、背後の木の枝に刺してメジロにお裾分けしました。
a0223993_013885.jpg
森の池には珍しくハシビロガモの番いが泳いでいました。後ろがエクリプス(繁殖期を過ぎた後、一時的に雌のような地味な羽色になった雄)ですが、まるで煤けた不細工な鴨ですね037.gif
a0223993_013579.jpg

by Omori_Seacoast | 2012-01-14 23:36

美しき哉、オオタカ(成鳥編)/Northern Goshawk

今日はハッピーマンデー(成人の日)です。午前中は幸運にも、干潟でオオタカ幼鳥の飛翔を間近でファインダーに納めることができました。今日の森には幼鳥だけでなく成鳥も顔を見せてくれましたが、タイミング悪く、いつもすれ違いでした。日暮れ迫る最後の森の巡回でやっと1コマですが成鳥の飛翔を捉えることができました。
a0223993_0293926.jpg
でもこれで今日は満足して帰るかと思いきや、何かに誘われるように最後にまた干潟へ。そこには水際の鴨を捕えようと葦原の上で成鳥がホバリングしていました。鴨は葦の茂みに逃れたらしく、成鳥は捕獲を諦め、ゆっくりと羽ばたきながら、その場を去ろうとしているところをレンズで追うことができました。その夕日に照らされた神々しい姿は成鳥ではなく、まさしく聖鳥でした。今日は最高のハッピーマンデーとなりました003.gif幼鳥も早く成長してほしいですね。
a0223993_0482795.jpg
a0223993_0405394.jpg

by Omori_Seacoast | 2012-01-09 23:59

美しき哉、オオタカ(幼鳥編)/Juvenile Northern Goshawk

今日も森に頻繁に顔を出した幼鳥は、観察窓そばの樹の上で人目も気にせず一休み。残念ながら枝被りの上に、樹の向うへ飛び立ちました。
a0223993_003234.jpg
a0223993_014434.jpg
a0223993_015428.jpg
a0223993_033482.jpg
でも干潟では、いったん塒から干潟に飛び立った幼鳥は、わざわざ目の前までUターンをしてまた塒がある森へ入って行きました。幼鳥とは言え飛翔の姿は逞しく、美しいですね。
a0223993_23304439.jpg
a0223993_0363523.jpg
a0223993_2331796.jpg

by Omori_Seacoast | 2012-01-09 23:50

オオタカ幼鳥のワンマンショー/Juvenile Northern Goshawk

今日は3連休の中日で、風はちょっと冷たいけど天気は快晴でした。いつもの公園の森ではオオタカの幼鳥が、しつこいカラス達に何度追い出されても、しばらくすると、また森に現れました。まるでカラスとオオタカのイタチごっこです。どうもこの森がよほどのお気に入りの場所のようです。
a0223993_19421858.jpg
夕暮れ間近にも森に戻って来て、夕日を浴びて幹の上にゆっくり佇んでいました。もうカラス達も無視していますので、堂々たる若鷹の姿をずっと見せてくれました。
a0223993_19502259.jpg
a0223993_1950304.jpg
a0223993_19504490.jpg
a0223993_1951132.jpg
a0223993_19511043.jpg
最後は夕日のスポットライト浴びながら、飛び去りました。カーテンコールしたいところでしたが、もうすぐ日が暮れるので今日はこれを見納めとしました。明日はもっといいことがありそうです003.gif
a0223993_19511870.jpg
a0223993_2064176.jpg
a0223993_19513674.jpg
a0223993_209355.jpg

by Omori_Seacoast | 2012-01-08 23:59

冬の陽射しを浴びて(ハイタカ)/Eurasian Sparrowhawk

今日は風は強いけど、冬晴れの良い天気でした。森の中にある池の畔の斜面には、冬の柔らかい陽射しを浴びて、やっと水仙の花が咲きました。この斜面にはまだ数か所にしか株は生えていませんが、数年いや数十年経って、斜面一面を覆うように殖えてくれればいいですね。
a0223993_0261424.jpg
その斜面の横の樹の枝にはオオタカ(ミドリさんのご指摘ではハイタカ?)が佇んていました。もしもオオタカでしたら、虹彩は黄色、眉斑は明瞭で太く、背は褐色なので雌でしょうか。ただ背中には淡色の羽縁があり、うろこ状に見えるので、一昨年に生まれた若鳥でしょうか。親鳥一羽と昨年生まれたと思われる幼鳥は同じテリトリーに棲息していることは明らかなので、この若鳥はまだ親離れできず、弟(妹?)と親鳥の愛情を奪い合っているのでしょうかね037.gifでもこれがハイタカであるほうが私としては嬉しいですね。なにしろ初見になりますから003.gif
a0223993_026233.jpg
a0223993_8173537.jpg
a0223993_0263566.jpg
a0223993_0264435.jpg
a0223993_0265181.jpg

by Omori_Seacoast | 2012-01-07 23:50