人気ブログランキング |

生き物たちに乾杯 A Toast to Wildlife!

<   2012年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

雄ツミの悲願達成/Japanese Sparrowhawk

昨日は、とことん雌ツミにふられた雄でしたが、今日も諦めずに雌にプレゼントを持ってきては、雌を呼び寄せていました。
a0223993_0303563.jpg
それを知った雌は、勢いよく雄が待つ木へ飛び立ち、プレゼントの小鳥を啄ばんでいました。
a0223993_0331676.jpg
a0223993_059922.jpg
今日は雌の機嫌がよいのでしょうか、雌からも積極的に雄を呼びます。
a0223993_103475.jpg
呼ばれた雄も喜び勇んで、雌の背中へ乗り、昨日のことが嘘のように愛の営みが始まりました。今日は長かったので、一部を割愛させていただきます。
a0223993_13107.jpg
a0223993_132385.jpg
a0223993_135057.jpg
a0223993_155489.jpg
a0223993_1102992.jpg
a0223993_111922.jpg
ツミ雄くん、今日は念願かなって良かったね!
a0223993_0314312.jpg

by Omori_Seacoast | 2012-05-27 23:55

雌にふられっぱなしの雄のツミ/Japanese Sparrowhawk

今日も自分では獲物を捕らずに、雄に小鳥のプレゼントを要求する雌のツミ。
a0223993_171398.jpg
雄はせっせと雌のもとに小鳥を運びます。右が雄、左が雌です。雄は何ともけなげですね。
a0223993_11713.jpg
a0223993_112028.jpg
a0223993_112968.jpg
雌はプレゼントをもらったら、さっさと雄とはさよなら。
a0223993_8164292.jpg
当然のことのように小鳥をパクパク食べ干します。
a0223993_132440.jpg
ここまで尽くしたんだから、雄は交尾をしようと雌に近づきますが、雌にうまく肩すかしされます。
a0223993_181143.jpg
a0223993_182162.jpg
a0223993_183989.jpg
しばらくすると、お腹がすいた雌はさらにプレゼントを雄に要求します。
a0223993_1104763.jpg
またまた、健気にプレゼントを献上した雄ですが、いざ、雌に背後から近づき、背中に乗ろうとしたら、、、
a0223993_1121331.jpg
a0223993_1122167.jpg
a0223993_1122956.jpg
雌は、またもや肩すかしして、飛び立ちました。雄は茫然と立ち尽くし、いや空中にとどまるしかありません。
a0223993_1123610.jpg
a0223993_1124425.jpg
あとに残された雄は心なしか悲しそうでした。
a0223993_11838.jpg
人間の世界でも男女の間によくあることですよね037.gif
by Omori_Seacoast | 2012-05-26 23:56

出張先の播磨地方も夏を迎えようとしています

先週末の日曜日から、播磨の山中へ2泊3日の出張でした。繁殖期とはいえ、やたらにうるさく啼くモズの番いがいました。
♂モズ
a0223993_0364753.jpg
♀モズ
a0223993_0403113.jpg
それには訳がありました。私が通る傍には、彼らの巣があり、少なくとも2羽の雛が孵っていたのでした。
a0223993_142857.jpg
でも、この雛の脚には巣材に使っていたビニール紐が絡んでいて、巣からほぼ中吊りの状態でした。助ければ、親は巣を放棄して、他の雛も生きていけなくなりますので、どうすることもできません。あくる朝には、悲しいことにこの雛はもう動かなくなっていました。次に訪れた時には、もう巣立ちして、巣は抜け殻となっているでしょうが、残った雛たちが、親に負けないくらい元気に育つことを願うだけです。
a0223993_0502019.jpg
a0223993_05415100.jpg
a0223993_0543051.jpg
a0223993_0553140.jpg

敷地内にある礫地にはコチドリが営巣しているようですが、広すぎてとうとう巣を見つけることはできませんでした。
a0223993_121052.jpg
a0223993_121939.jpg
a0223993_122634.jpg
屋上では、滞在中はいつもイソヒヨドリが綺麗な声で囀っていました。よく見るとトカゲを咥えた雌も止まっていました。雄が濃いオレンジとブルーで鮮やかに彩られているのに、雌はまったく異なる様相です。屋上までは遠く、まったく下に降りてきてくれなかったのが残念です。
a0223993_181726.jpg
a0223993_182695.jpg
降りてこないと言えばキセキレイも、屋根の上でばかり鳴いていました。こちらは姿は綺麗ですが、鳴き声は今一つですね。
a0223993_1113711.jpg
a0223993_112635.jpg

ヒバリは前回と変わらず、よく啼き、よく飛んでいました。ヒバリにも個性があるようで、中にはあまりヒトを恐れない個体もいました。
a0223993_1162353.jpg
a0223993_1163298.jpg
草原にはヒバリの他に、セッカも遠くを飛んでいました。
a0223993_1184428.jpg
そのほか、前回と同様にキジもコシアカツバメもいました。
a0223993_1215279.jpg
a0223993_1221857.jpg
a0223993_1241579.jpg
腰は赤いというよりオレンジ色ですね。
a0223993_1245672.jpg
またツバメが巣作りを始めたところでした。1ヶ月後にまた訪れる予定ですので、その時は雛に逢えるかもしれません001.gif今回の出張は2泊3日とはいえ、一晩は徹夜作業でした。眠気覚ましに夜明けの外気を吸いに屋外に出ると、そこにはもう鹿が群れて、草を食んでいました。
a0223993_130043.jpg
a0223993_1303632.jpg
a0223993_1312178.jpg
裏山の獣道を辿ると鹿の置き土産がありました003.gifa0223993_658841.jpg
by Omori_Seacoast | 2012-05-25 01:35

雄ツミの献身/Japanese Sparrowhawk

今日は朝から陽射しが強い日でした。朝から半日、ツミが棲む公園の木立の中にいましたから、その暑さも感じることなく、涼しげな時を過ごしました。半日の間に雄はまめに小鳥を運んでは、雌に献上していました。それも半日の間に目撃したのは3回です。雌はよく食べてばかりいるなぁ005.gif
a0223993_1022569.jpg
以前の場所と違い、雄は人前によく姿を見せて、のんびりしているように見えましたが、実は雌に献上する小鳥の姿を追って絶えず、きょろきょろしていました003.gif
a0223993_1033124.jpg
a0223993_1034773.jpg
a0223993_1035475.jpg
a0223993_104189.jpg
美味しそうな小鳥が目の前を去っていくと、すかさず追いかけます。
a0223993_105868.jpg
捕獲した小鳥は即、下ごしらえです。でも、雌に先んじてつまみ食いしているようにも見えます。037.gif
a0223993_1071015.jpg
a0223993_1072259.jpg
自分のお腹を満たしたら、早く持って来てと鳴いている雌の元へ出前です。
a0223993_1073290.jpg
a0223993_1085318.jpg
雌はプレゼントされたものを食べて満足げです。
a0223993_1010625.jpg
a0223993_10103267.jpg
a0223993_10104024.jpg
でも雄へのお返しも忘れていません。
a0223993_10111258.jpg
a0223993_10111926.jpg
それにしても卵を産みませんね。これが半年続くのでしょうか?042.gif
a0223993_10141461.jpg

明日からまた、播磨の鹿がいる山中へ2泊3日の出張です。001.gif
by Omori_Seacoast | 2012-05-19 23:54

ツミに最接近/Japanese Sparrowhawk

今日の主目的だったサンコウチョウは既に去ってしまったのか、今朝からいつまで待っても囀りは聞こえませんでした。
でもムシクイは囀りや地鳴きで、公園を訪れている夏鳥の中では、存在を一番、アピールしていました。
a0223993_743895.jpg
今まで巣があった場所のすぐ裏手の墓地からはツミの声がします。どうやらテリトリーは大幅には変わっていないようです。ここでは、墓地側から明るい場所にいる雌の飛び立ちも撮影できます。
a0223993_7123686.jpg

ただし、枝被りだけはどうしようもないですが。。。
a0223993_7132018.jpg
あまり姿を見せない雄もしっかり、撮影できました。でも、やはり雌に比べると近づきにくいですね。
a0223993_710880.jpg
公園のツミが塒を変えてから、撮影アングルとといい、背景といい、以前より適した場所に思えます。新しい塒付近では、眼の高さ位置に、いい止まり木があります。これまでのような見上げる撮影による腰痛や肩こりには悩まされないで済みそうです。
a0223993_7161712.jpg
a0223993_7174322.jpg
a0223993_7171997.jpg
a0223993_7175481.jpg
a0223993_718766.jpg
a0223993_7182038.jpg
雄からまた雌に小鳥のプレゼントがあったようです。
a0223993_722332.jpg
幸運にも目の前で食事を始めました。これまでで最も接近した撮影に思わず興奮です。ここではさらに迫力ある映像はあまりにも血なまぐさくなるのでカットします。
a0223993_7225959.jpg
a0223993_723105.jpg
a0223993_7232189.jpg
食後は口の周りの汚れを取っているのでしょうか、満足げな表情で木肌に顔をスリスリしていました。
a0223993_6241134.jpg
プレゼントを渡した雄は雌の頭上で眺めながら、見守っていました。
a0223993_7271180.jpg
また見てね。
a0223993_7172732.jpg

by Omori_Seacoast | 2012-05-13 23:56

ツミのお引越しとサンコウチョウ到来

ツミはカラスのモビングに辟易したのか、2、3日前に巣を置いて、公園内の反対側へ引っ越してしまいました。でも、そこでは久しぶりに、交尾時以外で雄を間近で見ることができました。と言っても、その後また交尾していたのですが。。。
a0223993_21523935.jpg
a0223993_21532394.jpg
雌は相変わらず、人を嫌うことなく目の前に現れます。
a0223993_21565739.jpg
この公園には昨日あたりからサンコウチョウが訪れているらしく、「月日星、ホイホイホイ」と風流な鳴き声とともに目の前に現れてくれました。でも鳴き声の大らかさとは裏腹に動きが早く、なかなかレンズで追えません。なかにはピンボケもありますが、やっと撮れた写真を掲載します。次回は、もう少しましな写真を載せたいですね。
a0223993_224894.jpg
a0223993_224232.jpg
a0223993_224352.jpg
a0223993_2262988.jpg
シジュウカラは相変わらず小さな口を大きく開けて囀っていました。
a0223993_22903.jpg
a0223993_2295842.jpg

by Omori_Seacoast | 2012-05-12 22:13

出張先でも道楽

今日まで二泊三日の出張で兵庫県の播磨地方の山間部にある、その筋では世界的に有名な施設で過ごしました。相当の田舎だと聞いていましたので、当然のことながらカメラと300mmの望遠レンズも携行しました。一日目は移動日なので、早めに到着すると、さっそく施設の敷地内の調査と偶々お会いした施設内勤務者からの情報収集、2、3日目の早朝5時からの探策に備えました。1日目の散策中にはイソヒヨドリやセグロセキレイ、キセキレイ、ホオジロ、ヒバリと出逢いました。

イソヒヨドリ
a0223993_227355.jpg
セグロセキレイ
a0223993_2272016.jpg
ヒバリ
a0223993_2325772.jpg
調査敷地内には早朝には鹿が出ることでも有名です。最近はツキノワグマや猪も出没したそうです。幸い、狸と鹿にしか逢いませんでした。施設が標高300mの山腹にあり、さすがに二日目の早朝は一帯がもやに包まれました。朝もやの中には鹿が群れていました。でも、北海道のエゾシカと違い、警戒心が強いようです。人の姿を見るや、駆け足で裏山のなかに逃げてしまいます。
a0223993_2210277.jpg
a0223993_2210503.jpg
a0223993_22121659.jpg
また広い敷地内の所々ではキジが啼いていました。その声を頼りにキジの番いを発見、こちらも警戒心が強く、すぐに逃げてしまうので物置小屋の陰からそっと撮影です。
a0223993_23274877.jpg
また、敷地内の建物にはコシアカツバメが営巣して、夕暮れまで虫を求めて頭上を飛び回っていました。
a0223993_23114041.jpg
a0223993_23114943.jpg
a0223993_231252.jpg
a0223993_2313984.jpg
a0223993_23131750.jpg
a0223993_23134045.jpg
a0223993_23135280.jpg
a0223993_231443.jpg
a0223993_23141280.jpg
時には虫ではなく、クモの巣らしきものを咥えて、巣に戻ってきました。どうやら産卵の準備中です。
a0223993_23163594.jpg
敷地を囲む森からは1日目から、綺麗な声で啼く鳥がいました。その声の主は、キビタキでした。
a0223993_23295777.jpg
せっかくの顔に小枝が被ってしまいましたが、再来週にまた訪れる予定ですので、当然リベンジします。
by Omori_Seacoast | 2012-05-09 23:32

スーパームーンの今日も愛し合うツミでした/Japanese Sparrowhawk

昨夜と今夜の満月は、スーパームーン。2012年の他の満月より14%大きく、30%明るいそうです。これは地球の周囲を周る月の軌道が楕円形を描いているためで、月が地球に接近したときに満月になると、スーパームーンになるそうです。言われてみれば、確かにいつもの満月より明るくて大きいかもしれません。明るいせいか、328に2xテレコン付けても、手持ちで手ぶれなしで撮れました。でも写真では比較するものもないので、大きいのか明るいのかも判りませんね037.gif
a0223993_0114115.jpg
さて今日も朝からツミに逢いに行きました。今日は、雌のツミが、あちこちにいろいろな止まり木に場所を変えて、楽しませてくれました。そして、野鳥撮影マニアの方々が去った後には、気がつくとすぐ間近の木や柵に止まっていたり、遊歩道にできた水たまりに降りては水を飲んでいたりしました。
a0223993_1264385.jpg
a0223993_1265377.jpg
最至近で眼の高さ位置の枝に止まりました。
a0223993_127118.jpg
a0223993_127758.jpg
a0223993_128661.jpg
そして今日も雄と愛の営みを重ねました。いったいいつ産卵するのでしょうか?最初の交尾行動を目撃してから2週間経過しました。
a0223993_1363952.jpg
a0223993_1364733.jpg
a0223993_1372321.jpg
a0223993_1373887.jpg
a0223993_13824.jpg
a0223993_1381141.jpg
もしかしたら雌は不妊症かもしれません。それも悲しいですね。
この一帯のカラスの巣を駆除する係の人たちが長い竹竿を持って、ツミの巣に近づいてきました。どうもツミの巣をカラスの巣と勘違いしていたようです。ツミの巣であることを知らせたら、お互いに「良かったね。」とホッとしあったGW最後の日の午後でした001.gif
by Omori_Seacoast | 2012-05-06 23:40

新緑増す森の中のツミ/Japanese Sparrowhawk

今日の東京は初夏を思わせる暑さでした。若葉が茂るの公園は、暑い日差しを遮り、爽やかな涼風が流れて、快適でした。この2週間の間に、ツミが棲む公園の木の緑はさらに増し、木にとまるツミの体も緑色の光で淡く染まります。
a0223993_6261973.jpg
a0223993_6275515.jpg
a0223993_6262874.jpg
a0223993_6345471.jpg
a0223993_6265493.jpg
最近は、警戒心が強い雄のツミは、なかなか人前に姿を現しませんが、せっせと雌には求愛プレゼントの小鳥を運んでいるようです。せっかくのプレゼントも雌は、足元から木の下に滑り落としてしまいました。
a0223993_6325255.jpg
a0223993_633513.jpg
a0223993_6331523.jpg
a0223993_6332729.jpg
ちょっとばつが悪そうなツミですが、雄の求愛は受け止めたようです。
a0223993_6381021.jpg
a0223993_6382232.jpg
a0223993_6383116.jpg
a0223993_6384173.jpg
a0223993_638502.jpg
a0223993_6385988.jpg
a0223993_639890.jpg

それにしても、少なくともこの2週間は、愛の営みが続いていますが、いつ産卵するのでしょう?営みの後の雌は、なんだか眠たそうですね。それとも強い日差しが眩しいのでしょうか?
a0223993_6413914.jpg
最後にウィンクしてサービスです003.gif
a0223993_6435856.jpg

by Omori_Seacoast | 2012-05-05 23:45

今日は長々と雨宿り

今朝の東京は霧雨でした。雨も上がりそうになったので、久しぶりにNの森へ出かけました。木立の中からキビタキの綺麗な啼き声が聞こえました。まだ、ここに居たんですね。声はすれど、人の気配を感じると、さっさと移動して、なかなか姿を見せてくれないキビタキでした。Nの森にはこれといって他に鳥はいなかったので、近くの干潟でキョウジョシギとキアシシギを見て来ました。一年ぶりの再会です029.gif
a0223993_1922395.jpg
a0223993_19563037.jpg
a0223993_19221222.jpg
a0223993_19453357.jpg
干潟に咲きほこるハマダイコンの花にはキアゲハが訪れていました。
a0223993_19271427.jpg
場所を変え、ツミの棲む公園へ移動しました。雌のツミを見つけた途端に雷鳴がとどろき、雨が降り始めました。
a0223993_2001682.jpg
近くの大きな建物の軒下を借り、2時間もの雨宿りでした。雨が上がった後には、さっそくツミがお出迎えしてくれました。
a0223993_2002842.jpg
先日よりも雨の量も多かったのに、先日ほどには羽は濡れなかったようです001.gif
a0223993_2003732.jpg

by Omori_Seacoast | 2012-05-04 20:07