人気ブログランキング |

生き物たちに乾杯 A Toast to Wildlife!

<   2013年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

シジュウカラ(四十雀)/Great Tit

近くの森でクロジを待つ間、レンズの先には森の多数派住民のシジュウカラが始終、遊びに来ました。
a0223993_22343074.jpg
a0223993_22405228.jpg
a0223993_22364986.jpg
a0223993_22365856.jpg
a0223993_22371282.jpg
a0223993_22384591.jpg
a0223993_22385379.jpg
a0223993_22403843.jpg

by Omori_Seacoast | 2013-02-28 22:42

ルリビタキ(瑠璃鶲)/Red-flanked Bluetail

近くの森で今冬を過ごしているルリビタキは、日を追うごとに人に慣れてきて、今では手を伸ばせば届きそうな場所まで寄ってきます。
a0223993_21254629.jpg

a0223993_21264484.jpg
a0223993_2126516.jpg
a0223993_2128289.jpg
a0223993_21283675.jpg
そんなに慣れてしまうと、心ない人に連れ去られるかもしれませんよ。それにしても、雌だと思っていたのですが、翼角の部分の青みが日ごと増してきたようですが、錯覚でしょうかね?
a0223993_21291087.jpg

by Omori_Seacoast | 2013-02-27 21:34

アオジ(青鵐)/Black-faced Bunting

近くの森でみんなの注目の的となったクロジに負けまいと、恥ずかしがり屋であるはずのアオジが明るい藪の中でチッ、チッと鋭く鳴いては突然、藪の中から顔を出したり、クロジと同じ餌場に立ち寄ったりしてはみんなの気を引こうとしていました。でもレンズを向けても、さすがに藪ですので枝被りばかりでした。
a0223993_23103017.jpg
a0223993_23115796.jpg
a0223993_2312910.jpg
a0223993_23123549.jpg
a0223993_23314889.jpg

by Omori_Seacoast | 2013-02-26 23:30

クロジ(黒鵐)/Grey Bunting

近くの森でやっとクロジの雄に逢いました。雌とは明らかに色が違います。クロジといっても、頭から胸にかけて青が混じった暗い灰色です。その上、明るい日向には出て来ようとしません。まるでいぶし銀のような渋さで、元々のアオジをミドリジ(緑鵐)とでも呼んで、クロジをアオジ(青鵐)と呼んだ方が良いのではないかと思ってしまいます。
a0223993_22301778.jpg
a0223993_22304991.jpg
a0223993_22312054.jpg
a0223993_22312912.jpg
a0223993_2233867.jpg
a0223993_22331718.jpg
a0223993_2234091.jpg

雌も出てきました。雌の色は雄の色よりもアオジに近い色をしているので、余計にそう思ってしまいます。
a0223993_2238956.jpg
a0223993_2238404.jpg

by Omori_Seacoast | 2013-02-25 22:39

クロジ(黒鵐)♀/Female Grey Bunting

近くの森には今冬、珍しくクロジが訪れています。今日、初めて本格的に撮ろうと粘っても雌にしか逢えませんでした。雄と違って、アオジっぽい容姿なので、クロジに逢ったという実感が湧きませんね。
a0223993_0132820.jpg
a0223993_0141819.jpg
a0223993_015173.jpg
a0223993_0153166.jpg

by Omori_Seacoast | 2013-02-23 23:51

シメ(鴲)/Hawfinch

近くの森ではシメが少なくとも2羽が今冬を過ごしています。見ていると縄張り争いなのか、ときどき追いかけっこをしています。その2羽のうちの1羽です。嘴も大きいのですが、それ以上に頭が大きく、ずんぐりとした体形で始終、何かを食べているデブキャラは愛嬌があります。
a0223993_228214.jpg
a0223993_2281031.jpg
a0223993_2281787.jpg

by Omori_Seacoast | 2013-02-22 22:09

ノスリ(鵟)/Common Buzzard

近くの干潟では、早朝と夕暮れ前がもっとも猛禽たちは活発なようです。ということは夜の睡眠から目覚めた直後と、お昼寝の後がもとっもお腹が空いているようですね。この日も夕暮れ間近に楽しませてくれました。
a0223993_2230059.jpg
a0223993_22301569.jpg
a0223993_22302474.jpg
a0223993_22303171.jpg
a0223993_22303631.jpg
三脚に装着したままのカメラを持って走って慌てて飛ぶノスリを撮ってみましたが、ジャスピンなのに力量不足でノスリは枠から外れてしまいました。
a0223993_2236978.jpg

by Omori_Seacoast | 2013-02-21 22:38

ノスリ(鵟)/Common Buzzard

近くの干潟には、今冬は一時、5羽も棲んでいたノスリも、今では数が減ったようです。干潟の隣の森の主であるカラスによるモビングに辟易して、引っ越したのでしょうか。残っているノスリの中には、尾羽がボロボロになった個体もいます。それでもまだ綺麗な羽を広げたノスリが傍の樹から飛び立ちました。
a0223993_22455831.jpg
a0223993_22465039.jpg
a0223993_22465973.jpg
a0223993_22471556.jpg
a0223993_22472323.jpg

by Omori_Seacoast | 2013-02-20 22:51

アカゲラ(赤啄木鳥)、雌/Female Great Spotted Woodpecker

寒さを我慢して、じっと立ったままで数時間もオオタカを待っている間に、アカゲラが近くの樹を突きだしました。
a0223993_23165773.jpg
a0223993_23171637.jpg
a0223993_23172930.jpg
a0223993_23174214.jpg
a0223993_23175150.jpg
a0223993_2320018.jpg

それにしても、出逢えたのはまたもや雌でした。雄とはなかなか縁遠いようです。
by Omori_Seacoast | 2013-02-19 23:10

エナガ(柄長)/Long-tailed Tit

今冬は、近くの森にはエナガも10羽前後の集団で訪れました。よほど、山の冬が厳しいのでしょうか。小さな嘴と眼が付いたマシュマロのような丸い頭と体から長い尾が串のように伸びているので、まるで串団子です。
a0223993_22291570.jpg
a0223993_22322457.jpg
a0223993_22292544.jpg
a0223993_22323339.jpg
a0223993_2230631.jpg
a0223993_22301696.jpg

by Omori_Seacoast | 2013-02-18 22:35