人気ブログランキング |

生き物たちに乾杯 A Toast to Wildlife!

<   2013年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧

コチドリ(小千鳥)/Little Ringed Plover

3月も今日で終わりだというのに、気温はまるで冬なみ、おまけに気圧の谷に入って、寒い雨の朝を迎えました。それでも、近くの干潟には数羽のコチドリが訪れました。今年に入って初めての夏鳥との出逢いになりました。昨日、今日は寒くて、冬に逆戻りしたのかと思っても、鳥の渡りを知ると確実に季節が移っていくのがわかります。
a0223993_1939413.jpg
a0223993_19394460.jpg
a0223993_19401058.jpg
a0223993_19401985.jpg
a0223993_19402587.jpg

by Omori_Seacoast | 2013-03-31 19:44

ジョウビタキ(常鶲)、雄/Male Daurian Redstart

近くの大きなお寺の墓地には、歴史もあり大きいだけあって、紀州徳川家所縁の方々のお墓もあります。そのそばにはジョウビタキが落ちた椿の赤い花に囲まれていました。
a0223993_20132137.jpg
鮮やかな赤い花なのに、椿の花はどこか寂しいですね。つられてジョウビタキの眼差しも寂しそうに見えました。
a0223993_2015507.jpg
墓地なので、当然のことながら止まり木代わりに卒塔婆の上にも止まります。鳥だから、罰(ばち)が当たることはないでしょう。
a0223993_20183427.jpg
a0223993_20184037.jpg
a0223993_20203018.jpg
ジョウビタキの背後には椿の花が、桜の花に負けじと満開でした。
a0223993_20214183.jpg

by Omori_Seacoast | 2013-03-30 20:23

スズガモ(鈴鴨)/Greater Scaup

先週はまだ近くの磯には、スズガモが2羽だけ残っていました。
a0223993_23371635.jpg
a0223993_2338447.jpg
でも、今日はもう磯からは姿を消していました。北へ飛び立ったのでしょうか。また来季に元気な姿を見せてほしいですね。
a0223993_23385827.jpg
a0223993_23391062.jpg
a0223993_23392283.jpg
a0223993_23401284.jpg

by Omori_Seacoast | 2013-03-29 23:41

ルリビタキ(瑠璃鶲)、雌/Female Red-flanked Bluetail

最近は3~4日に1回は、ルリビタキをアップしているので、皆さんも飽きてきたかもしれません。でも、もうそろそろ彼女も近くの森から去るでしょうから、彼女の可愛さに免じて、それまでは我慢してお付き合いください。
a0223993_0284859.jpg
a0223993_0322614.jpg
a0223993_031257.jpg
a0223993_0354846.jpg
a0223993_0314150.jpg
a0223993_0325091.jpg
a0223993_037079.jpg

by Omori_Seacoast | 2013-03-28 23:52

コゲラ(小啄木鳥)/Japanese Pygmy Woodpecker

最近、近くの森でルリビタキに夢中になってカメラを構えている背後で、頻繁にコゲラが啼くようになりました
a0223993_23225066.jpg
それも珍しく二羽が揃ってやってきます。どうやら番いのようです。実は私の背後にはキツツキに掘られたであろう穴だらけの朽木が立っていました。
a0223993_23333050.jpg
アカゲラが開けたであろう大きな穴の他に、中途半端に開けた穴とあともう少しで巣になりそうな穴が開いていました。
コゲラは、アカゲラが開けたであろう大きめの穴や中途半端に開いた穴には興味がないようです。彼らは、あともう少しで巣になりそうな穴だけを集中して突いています。
a0223993_23252475.jpg
今年はこの森でコゲラの子育てが間近で見れるといいですね。頑張れ、コゲラ君!
a0223993_23281750.jpg

by Omori_Seacoast | 2013-03-27 23:28

キンクロハジロ(金黒羽白)/Tufted Duck

ソメイヨシノも満開となり、もうそろそろ北国に帰りそうなキンクロハジロは、いまだにのんびりと河口近くで屯していました。またこのところ寒が戻ったようなので、さらにのんびりとまだ東京に留まっていそうです。
a0223993_055368.jpg
陽射しも日増しに強くなり、夕陽が眩しそうな雌です。
a0223993_044970.jpg
a0223993_084713.jpg
a0223993_091578.jpg

by Omori_Seacoast | 2013-03-26 23:58

ルリビタキ(瑠璃鶲)/Red-flanked Bluetail

近くの森の自然観察路で、今冬デビューしたルリビタキのお出ましです。
a0223993_0183155.jpg
いつもたくさんの蟲を食べているので、元気なルリビタキは、日増しにおてんばなところを見せてくれます。
a0223993_011479.jpg
蟲を食べて満足したのか、翼をパタパタさせて喜びを表現しているみたいです。
a0223993_013327.jpg
食後に嘴を開くのが、まるで「美味しかった!」と言っているみたいです。
a0223993_012447.jpg
a0223993_043988.jpg
a0223993_05920.jpg

でもこちらの嘴の開け方は「もっと蟲をちょうだいよ!」でしょうか?少しばかり気が強そうな顔つきになります。
a0223993_061192.jpg
いつもはこんなにすました顔しているのですが。。。
a0223993_0101018.jpg

by Omori_Seacoast | 2013-03-25 23:49

ヒヨドリ(鵯)/Brown-eared Bulbul

普段から、ピーヨピーヨとやかましいだけと煙たがられているヒヨドリも花と一緒なら少しは風情があるように思えますね。
a0223993_23235628.jpg
ヒヨドリは、小さな花だとそのまま食べてしまうけど、椿や桜の花から甘い蜜を吸っています。
a0223993_23253640.jpg

でもやはり傍に大きな花がないと、迫力ある顔でいかにもうるさそうです。
a0223993_23284369.jpg
a0223993_23285031.jpg

by Omori_Seacoast | 2013-03-24 23:30

ヤマガラ(山雀)/Varied Tit

近くの公園の広場に咲くソメイヨシノの花は、今日はすでに八分咲きでした。それこそ来週末には、もう散ってしまっているかもしれません。ソメイヨシノの横には白いオオシマザクラの花が咲いていました。ヤマガラは桜の花の蜜を吸っているようで、ときどき花がポトリと落とされます。オオシマザクラの花には芳香があるらしいので、きっと蜜も香ばしくて甘いのでしょう。オオシマザクラの果実は、えぐみがあるけど食べられるそうです。鳥たちにとっては、果実が成る日が待ち遠しいでしょうね。
a0223993_035775.jpg
でもソメイヨシノの花も美味しそうに食べていました。
a0223993_23141046.jpg
a0223993_23153772.jpg
a0223993_2315482.jpg

by Omori_Seacoast | 2013-03-23 23:21

シロハラ(白腹)/Pale Thrush

ソメイヨシノの花も日当たりのよい場所はほぼ6~8分咲きですが、シロハラが好むような日陰はまだ蕾の状態です。
a0223993_17462172.jpg
厳しい冬を越すために北方から渡ってきたのに、どうして日陰のような寒い場所を好むんでしょうかね。よほどの暑がりのようです。
a0223993_17462898.jpg
a0223993_17463415.jpg

日当たりのよい斜面には、ミモザとも呼ばれるフサアカシアの黄色い花が、青空を背景に満開でした。
a0223993_17491478.jpg

by Omori_Seacoast | 2013-03-22 17:51