人気ブログランキング |

生き物たちに乾杯 A Toast to Wildlife!

<   2013年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

「思いっきり遠いなぁ」 オオタカ(大鷹)/Northern Goshawk

近くの公園で今季初めて、オオタカの成鳥に逢いました。でも止まっている場所は干潟を挟んだずっと向こうのの林の中です。干潟を分け入って近づくことも、テレコンも手元になく拡大して撮ることもできません。さすがに目が良いオオタカは、レンズを向けた途端に飛びたちました。残念ながら、証拠写真となりました。
a0223993_22252246.jpg
a0223993_22252857.jpg
a0223993_22253478.jpg
a0223993_22254078.jpg

by Omori_Seacoast | 2013-09-30 00:02

「1年ぶりの再会」 キビタキ(黄鶲)♀/Female Narcissus Flycatcher

今年の初夏は近くの森には、数羽の雄が立ち寄ってくれてましたが、雌が訪れたのは1年ぶりです。今年も忘れずに訪ねてくれました。東南アジアに帰るまでの短い間に、しっかり栄養を蓄えて欲しいですね。まだ人見知りするようなので、なかなか明るい場所には出てきてくれません。
a0223993_0193672.jpg
a0223993_0194257.jpg
a0223993_019519.jpg

by Omori_Seacoast | 2013-09-29 00:21

「干潟で群舞」 ソリハシシギ(反嘴鴫)/Terek Sandpiperia

今、多摩川河口の干潟に居るシギチの中でもっとも多いと思われるソリハシシギです。
a0223993_0424137.jpg

a0223993_0415441.jpg
何度も群れで波打ち際を行ったり来たりしていました。
a0223993_0435584.jpg
a0223993_044188.jpg
a0223993_044851.jpg
a0223993_0465810.jpg
a0223993_0473071.jpg
a0223993_0473726.jpg

by Omori_Seacoast | 2013-09-28 00:53

「いかにも気が強そうです」 イソヒヨドリ(磯鵯)/Blue Rock Thrush

近くの運河に帰って来たイソヒヨドリは、縄張り意識は他のどんな鳥にも負けません。
a0223993_0162173.jpg
ハクセキレイが縄張りに入ると見るやスクランブルをかけて、縄張りの外へ追い出そうとしていました。
a0223993_0183829.jpg
a0223993_020061.jpg
その剣幕と同様、顔つきはいかにも気が強そうです。
a0223993_0162956.jpg
でも、自分の体より大きなハトやカラスには敵わないと判っているのか、無関心を装っていました。
a0223993_0194747.jpg
ハクセキレイも、あれだけちょっかい出されても何事もなかったかのように、餌を啄ばんでいました。こちらのほうが上手ですね。
a0223993_0273268.jpg

by Omori_Seacoast | 2013-09-27 00:01

「干潟の天邪鬼」 シロチドリ(白千鳥)/Kentish Plover

多摩川河口の干潟からトウネンが去ってしまった時期と前後してコチドリもメダイチドリも居なくなりました。今もまだ居残るチドリはシロチドリだけになりました。
a0223993_2381168.jpg
a0223993_2381961.jpg
a0223993_2311166.jpg
人が近づこうとすると、小走りで遠くへ逃げ、人が動かなければ寄って来る天邪鬼です。
a0223993_2382590.jpg

a0223993_2385126.jpg

今、干潟でもっとも多いシギチとなったソリハシシギと一緒に。
a0223993_23111582.jpg
a0223993_23112934.jpg

by Omori_Seacoast | 2013-09-26 00:01

「既に南へ旅立ちました」 トウネン(当年)/Red-necked Stint

2週間ほど前には、、まだ多摩川河口の干潟で群れをなしていたトウネンも、越冬地である東南アジアからオーストラリア、ニュージーランド方面へ既に旅立ってしまったようです。あの小さな体で、また長い旅路を辿る逞しさに脱帽です。
a0223993_23542716.jpg
a0223993_23544879.jpg
a0223993_2354583.jpg
a0223993_23552357.jpg
a0223993_23554124.jpg
子孫繁栄のためとはいえ、短い一生のうち、ほとんどの時間を旅に費やしています。
a0223993_23561363.jpg
a0223993_23562432.jpg
a0223993_23563165.jpg

by Omori_Seacoast | 2013-09-25 00:01

「広い野原いっぱい」 チョウゲンボウ(長元坊)/Common Kestrel

川沿いの広い野原(遊休地?)では、チョウゲンボウが強い川風を翼に受けてホバリングしていました。
a0223993_2222494.jpg
a0223993_2224756.jpg
a0223993_223946.jpg

広い野原に2棟だけが隣り合ってポツンと建っているビルをベースにして、野原で狩りをしているようです。
a0223993_2255973.jpg
a0223993_2262636.jpg
a0223993_227593.jpg
どうやら好物のバッタを捕まえたらしく、飛びながら食べていました。
a0223993_229129.jpg

by Omori_Seacoast | 2013-09-24 00:01

「暑さ寒さも彼岸まで」 ヒガンバナ(彼岸花)とハギ(萩)/Red Spider Lily and Bush Clover

今日はお彼岸です。「暑さ寒さも彼岸まで」と言われますが、今日の東京はどんよりとした空の下、涼しい風が吹いていました。近くの公園の広場の木陰にも鮮やかな緋色の彼岸花が咲いていました。
a0223993_21115347.jpg
a0223993_21115946.jpg
公園の事務所の庭には白花が咲いていました。
a0223993_21135392.jpg
でもやはり緋色のほうがらしくて彼岸花らしくて好きです。
また秋の花といえば、萩も小さな花を咲かせ始めました。
a0223993_21232620.jpg
こちらもピンク色の他に白い花もあります。
a0223993_21233711.jpg
英語で「藪クローバー」だそうです。たしかに同じマメ科の植物ですが、なんとも風情のない名になってしまいます。
by Omori_Seacoast | 2013-09-23 21:25

「小さな旅行者」 エゾビタキ(蝦夷鶲)/Grey-streaked Flycatcher

シベリア、サハリン、カムチャツカ半島で夏を過ごしたエゾビタキ3~4羽が、越冬地の南の島を目指して旅する途中で、今年も近所の公園に立ち寄ってくれました。
a0223993_0444138.jpg
a0223993_0443190.jpg
a0223993_0445013.jpg
スズメよりも小さい体なのに逞しいですね。しばらくの間、小虫をたくさん食べてスタミナをつけて、南へ旅立ってほしいですね。
a0223993_0494265.jpg
a0223993_0494833.jpg
a0223993_050420.jpg
a0223993_0502127.jpg
a0223993_0503739.jpg

by Omori_Seacoast | 2013-09-23 00:51

「表情はやはり鷹ですね。」 トビ(鳶)/Black Kite

今日は大潮で多摩川河口は正午あたりが干潮でした。広い干潟に取り残されたボラらしき魚の死体をトビが啄ばんでいました。
a0223993_23413150.jpg
ミサゴのように生きた大きな魚を捕まえるわけではないので、いまひとつ猛禽の迫力がありませんが、先入観なしに容姿を観ると、やはり鷹らしい顔つきです。
a0223993_23414394.jpg
a0223993_23415911.jpg
a0223993_2342656.jpg
a0223993_23421371.jpg

by Omori_Seacoast | 2013-09-22 00:04