人気ブログランキング |

生き物たちに乾杯 A Toast to Wildlife!

タグ:イソシギ ( 12 ) タグの人気記事

「イソシギ(磯鷸)/Common Sandpiper

イソシギは、シギの仲間でもっとも身近にいて、年中、近くの運河や干潟で見られます。
a0223993_2238467.jpg
草地に巣を作るらしいのですが、そばの干潟では一度も雛や幼鳥を見たことがありません。
a0223993_22383776.jpg
尻を上下に振りながら、「チーリーリー、チーリーリー」と聞こえる啼き声はちょっと悲しげです。
a0223993_22385166.jpg
「いそしぎ」というタイトルの古いアメリカ映画がありますが、そのテーマ音楽(The Shadow of Your Smile)はやはり悲しげなメロディです。
a0223993_22451943.jpg

by Omori_Seacoast | 2013-10-25 00:01

イソシギ(磯鷸)/Common Sandpiper

この数日は夏に戻ってしまったような天気です。明日からは平年の気温になるらしいので、ほっとします。でも陽射しの下で過ごすイソシギもなんだか暑そうです。
a0223993_2326692.jpg
a0223993_23261115.jpg
こんな暑い日に海水を飲むと余計に喉が渇きそうです
a0223993_23262327.jpg
a0223993_23265858.jpg

by Omori_Seacoast | 2013-10-11 00:03

「イソシギを探せ」 ソリハシシギ(反嘴鴫)/Terek Sandpiperia

今から20年ほど前に、人が入り乱れた絵の中からウォーリーという人物を見つけ出す絵本「ウォーリーを探せ!」が話題になりました。さて、多摩川の干潟を舞うソリハシシギの群れの中に、実は1羽のイソシギが紛れています。皆さん、見つけましたか?
a0223993_0172489.jpg
a0223993_0171774.jpg
a0223993_0172977.jpg
a0223993_0173415.jpg
a0223993_0173917.jpg

by Omori_Seacoast | 2013-10-01 00:19

「運河の常連さんです」 イソシギ(磯鷸)/Common sandpiper

東京では留鳥のイソシギは、夏の蒸し暑い夜でも、透明感のある啼き声で涼しさを与えてくれます。
a0223993_0215193.jpg
でも、あまりにも暑い夜はクーラーを点けるために部屋の窓を閉め切ってしまうから、せっかくの啼き声が聞こえなくなるんですよね。
a0223993_0221913.jpg
幸いなことにここ数日の夜は涼しく、窓を開けて運河を渡って来た風とともにイソシギの声が部屋にまで入って来ます。
a0223993_0237100.jpg
a0223993_0232373.jpg
a0223993_0232890.jpg
a0223993_0234528.jpg
a0223993_0273738.jpg

by Omori_Seacoast | 2013-08-29 00:15

イソシギ(磯鴫)/Common Sandpiper

日暮れ近くになって、干潟の波打ち際でゴカイを探す1羽のイソシギがいました。穴から顔を出したゴカイを嘴で素早く咥えて、穴から引き抜いていました。
a0223993_2283650.jpg
a0223993_2291633.jpg

さらに日が傾くと、イソシギは水面と共に黄金色に光っていました。
a0223993_22174751.jpg
a0223993_22203777.jpg
a0223993_22212074.jpg
a0223993_22213250.jpg
a0223993_22283055.jpg

by Omori_Seacoast | 2012-12-20 22:54

イソシギ(磯鴫)/Common Sandpiper

師走のあわただしい日々の中、やっと週末になりました。でも外はいつ雨が降ってもおかしくない天気です。
a0223993_10494856.jpg

こんな日は、バーダーはゆっくり家で休んで、天気が良くなる明日に備えた方がよさそうです。
a0223993_1050381.jpg

by Omori_Seacoast | 2012-12-15 10:52

イソシギ(磯鴫)/Common Sandpiper

近くの運河には一年を通してイソシギが棲んでいます。夏場は夜でも澄んだ声で啼いていましたが、寒くなってくると窓を閉めてしまうので、夜の啼き声を聞くことも無くなりました。でも、夜が明けれ、運河に赴けばいつでも逢える可愛い鳥です。
a0223993_0402091.jpg
岩場で美味しそうなカニを見つけて、咥えては投げ捨て、また咥え、を繰り返し、しばらくの間、カニと格闘していました。
a0223993_0405311.jpg

a0223993_0414362.jpg
カニは珍しい方で、いつもはフナムシなどを食べています。
a0223993_0435649.jpg
夏は濁りが強かった運河の水は、秋になると水温も下がり、澄んで青く見えるので、よけいに寒々しく感じます。
a0223993_0481229.jpg
これから次第に冷え込んできますが、相変わらずイソシギは元気で過ごしてくれることでしょう。
a0223993_0491649.jpg

by Omori_Seacoast | 2012-11-04 23:34

ムクドリはシーフード好み

近所のNの森の中の池には、今日も何も訪れません。仕方なく、傍の運河へ行くと、干潟の常連さんであるコサギやキアシシギ、イソシギが磯の生き物を啄ばんでいました。

コサギ
a0223993_2340082.jpg

キアシシギ
a0223993_2340235.jpg
a0223993_23403872.jpg

イソシギ
a0223993_23404989.jpg

普段は草地に降りて、虫を啄ばんでいるムクドリも、今日は干潟に降りて、干潟の泥の中に棲む虫を探しているようです。
a0223993_0391316.jpg
a0223993_0392224.jpg
ところが岩場では、虫というより、岩に着生しているイガイ(貽貝)をこじ開けては、中身を啄ばんでいました。
a0223993_045752.jpg
a0223993_0452149.jpg
小粒ですが貝の中身を取り出しました。
a0223993_0452990.jpg
ムクドリも虫だけではなく、磯の貝も食べるとは食の範囲が広いですね。
a0223993_0465097.jpg
群れの中には、今年生まれたであろう若鳥も混じっていました。
a0223993_0493254.jpg

by Omori_Seacoast | 2012-07-22 23:25

オオタカを待つ間に

今日は快晴でせっかくの撮影日和なのに、標的のオオタカはなかなか現れません。今日の目玉はオオタカでも、オオタカばかりが鳥ではありません。オオタカを待つ間、運河、森で出会う野鳥を撮ってみました。運河にはポップな髪形のカンムリカイツブリが泳ぎ、そばでは温かい陽射しの中、イソシギが水浴びをしていました。
a0223993_22275296.jpg
a0223993_2225951.jpg
a0223993_22252094.jpg
人通りが多い公園内の森の野鳥たち、シジュウカラ、コゲラ、ハクセキレイは人に慣れているのか、レンズを向けて近づいても気にも留めることなくマイペースでした。
a0223993_23124492.jpg
a0223993_22301166.jpg
a0223993_22302723.jpg

by Omori_Seacoast | 2011-12-24 23:50

初冬の運河

今朝も風はなく快晴058.gif厚着をして出てきましたが、初冬だというのに運河のそばで陽光に当たっているとポカポカです。運河の水面も冬の柔らかい陽光を反射して、きれいな色を出していました。イソシギやハクセキレイの白いお腹に水面の光が映えていました。
a0223993_22415945.jpg
a0223993_22423199.jpg
a0223993_22424315.jpg
a0223993_22425691.jpg
今日は昨日逢ったハジロカイツブリではなく、普通のカイツブリが1羽で泳いでいました。冬羽なのでとても地味な色合いの装いです。よけいに目のきつさが目立っていました。
a0223993_22434284.jpg
頬と首筋が赤くなる下の夏羽だったら、少しは彩りがよくなり目のきつさも隠せるんですがね037.gif
a0223993_22435262.jpg

by Omori_Seacoast | 2011-12-18 23:09