人気ブログランキング |

生き物たちに乾杯 A Toast to Wildlife!

タグ:ヒヨドリ ( 10 ) タグの人気記事

「逞しい!」 ヒヨドリ(鵯)、幼鳥/Brown-eared Bulbul, Juvenile

多摩川の土手沿いの桜並木の下では、ヒヨドリの幼鳥がアブラゼミを捕って、餌としていました。未だに容姿は成長とはだいぶ違いますが、もう、親鳥にねだることなく、自分の餌は自分で確保するくらいに逞しく育ちました。
a0223993_0393350.jpg
a0223993_0394287.jpg
a0223993_0394932.jpg

シジュウカラの幼鳥もこんなに大きく育ち、成鳥と区別がつけづらくました。
a0223993_0425347.jpg

by Omori_Seacoast | 2013-09-05 00:45

「墓場の花泥棒」 ヒヨドリ(鵯)/Brown-eared Bulbul

近くの大きなお寺の墓地では、お墓に備えられた花をむしり取って盗んで飛び立つ罰(ばち)あたりな鳥がいました。ヒヨドロ、いやヒヨドリです。
a0223993_2344129.jpg
花弁を食べるつもりでしょうか?それにしてもなぜか嘴が黄色く染まっています。
a0223993_23535326.jpg
それもそのはずです。墓地の中には、大きな椿の樹がありました。椿の花の蜜を吸うたびに、嘴は黄色い花粉に塗(まみ)れていました。
a0223993_2357175.jpg
a0223993_23572193.jpg
a0223993_23562468.jpg

by Omori_Seacoast | 2013-04-17 23:58

ヒヨドリ(鵯)/Brown-eared Bulbul

普段から、ピーヨピーヨとやかましいだけと煙たがられているヒヨドリも花と一緒なら少しは風情があるように思えますね。
a0223993_23235628.jpg
ヒヨドリは、小さな花だとそのまま食べてしまうけど、椿や桜の花から甘い蜜を吸っています。
a0223993_23253640.jpg

でもやはり傍に大きな花がないと、迫力ある顔でいかにもうるさそうです。
a0223993_23284369.jpg
a0223993_23285031.jpg

by Omori_Seacoast | 2013-03-24 23:30

ヒヨドリ(鵯)/Brown-eared Bulbul、花より団子ならぬ、団子より花

昨日、東京には春一番が吹き荒れたと思ったら、今日は冷たい北風が吹き荒れ、寒い一日でした。でも、近くの森の生き物たちは確実に春の訪れを感じています。
a0223993_0211289.jpg
広場に咲き誇るオオイヌノフグリの小さな青い花を、ヒヨドリたちは摘み取っては、パクリパクリと美味しそうに食べていました。ヒヨドリにとっては、花は愛でるものではなく、食べるものですね。そうです、食べるなら団子より花なんです。
a0223993_0214169.jpg
a0223993_0223041.jpg
a0223993_0224256.jpg
a0223993_0225088.jpg
a0223993_023294.jpg
a0223993_0242256.jpg
a0223993_0243162.jpg
a0223993_0243932.jpg
青い花に飽きたら、今度は白い花をぱくり!
a0223993_0245178.jpg

風は冷たくても、地中の温度は上がってきているようです。森の中の池に棲むヒキガエルも目を覚ましました。
a0223993_0274167.jpg

by Omori_Seacoast | 2013-03-02 23:12

ヒヨドリ(鵯)/Brown-eared Bulbul

1年中、そこいらで目にするヒヨドリは、啼き声がうるさいこともあり、冬は特にその姿が目立ちます。そのせいか、干潟のような開けた場所では、オオタカの狩りの標的になりやすいようです。
a0223993_23593897.jpg
a0223993_00199.jpg
a0223993_01760.jpg
a0223993_051127.jpg
a0223993_093857.jpg

by Omori_Seacoast | 2013-02-16 00:17

ヒヨドリ(鵯)/Brown-eared Bulbul

近くの森の水場では、ヒヨドリが群れをなして賑やかに水を飲んダリ、水浴びしたりしていました。どんなに寒い日でも水浴びを欠かしませんから、よほどの綺麗付きなんですね。
a0223993_2292618.jpg
a0223993_2293643.jpg
a0223993_2295153.jpg
a0223993_22114381.jpg

by Omori_Seacoast | 2013-01-12 22:18

ヒヨドリ(鵯)/Brown-eared Bulbul

昨日のシジュウカラに続いて、今日もベタな野鳥ですみません。普段は、ヒヨッ、ヒヨッどころか、ビ~ヨ、ビ~ヨとうるさいばかりです。でも黙って一点を凝視する姿は野性味いっぱいです。
a0223993_1852416.jpg
a0223993_18521185.jpg
a0223993_18533328.jpg

by Omori_Seacoast | 2012-11-23 18:53

桜咲く弥生

4月に入ってようやく東京にもソメイヨシノが咲きました。今日は、東京のあちらこちらの桜の名所は花見客で賑わっていました。でも、いちばん桜の開花を喜んだのは野鳥たちかもしれません。なにしろ彼らにとって、満開の桜の花は甘ーい蜜の宝庫だからです。なかでもヒヨドリは嘴を花粉で黄色く染めながら、蜜を味わっていました。
a0223993_838038.jpg
a0223993_8381131.jpg
スズメは嘴が短くて、花の表からは蜜に届かないので、わざわざ花を引き抜いては、花の裏から蜜を吸うので、桜の木の下には一輪のままの花がたくさん散っています。風が強いわけでもなく、木の根元に花弁でなく、一輪の花そのものが散っていたとすれば、それはスズメのいたずらです。
a0223993_047880.jpg
都心の花の名所の千鳥ヶ淵の一帯は、宴会は禁止されていますので、目障りなブルーシートや宴の騒々しさがないので、混んでいることを除けばお気に入りの場所です。
a0223993_0513424.jpg
a0223993_055445.jpg
a0223993_0564734.jpg

by Omori_Seacoast | 2012-04-08 23:40

D7000試写

今日は会長のお誘いで、足を延ばしてミサゴを見に行きました。逢うことには逢い、写真も撮れたのですが、あまりにも小さくて、ブログ掲載には向きません。さて今日はもう一つの目的である、Sさん所有のニコンD7000をお借りして近くの森で試写しました。オオタカを撮れなかったのは残念でしたが、Nの森のそばの運河を二羽で仲良く泳ぐハジロカイツブリ、干潟のメジロ、森の中のヒヨドリを撮ってみました。これまでずっと使用しているD200に比べ、当然のことですが画質の良さ、合焦点の速さには驚かされました。Sさんのご好意で、今週後半はこのD7000を持って知床へ行ってきます003.gifもちろんD200も携行しますが、サブ機になりそうですね。
a0223993_2334078.jpg
a0223993_233513.jpg
a0223993_047312.jpg
a0223993_0491094.jpg

by Omori_Seacoast | 2012-02-05 23:11

雨の日は写真を絵画風に変換

今朝から生憎の土砂降りで、鳥たちに遭いに行きたくても行けません002.gifこんな日はこれまでに撮りだめた写真の中から選んだもので、画像処理ソフトで水彩画風に加工してみました。実際に試してみて最初に分かったことは、やはりフォーカスが合い、かつ画質が良くないと、どんなに加工しても絵としても味気ないものになってしまうことでした。今夏に撮ったカワセミです。
a0223993_10582415.jpg
a0223993_10575924.jpg
a0223993_10581346.jpg
さらに分かったことは、上の絵(?)では水面を背景にしているように、背景はできるだけ簡素であること。確かに花鳥風月を描いた日本画の背景は無いに等しいですよね。これは動植物の写真と同じことですね。下の2枚の絵ぐらいのボケボケの背景が限界でしょうか。
a0223993_1125279.jpg
a0223993_117714.jpg
梅の花の蜜に誘われるメジロは絵画風にした方が、写真でリアルに表現するより趣がでるみたいです。
a0223993_1165598.jpg
a0223993_1142486.jpg
さらにコサギは水彩画風にすると渋さが増します。
a0223993_1171789.jpg
残念なのは、画像ソフトの中に油彩画風やパステル画風など、いくつもの選択肢があるのですが、水墨画風への変換メニューが無いことです。でもフリーソフトですので贅沢は言えないですね028.gif
by Omori_Seacoast | 2011-11-19 11:52