人気ブログランキング |

生き物たちに乾杯 A Toast to Wildlife!

タグ:モズ ( 9 ) タグの人気記事

雄モズ(百舌)/Male Bull-headed Shriketo

冬の間は、近くの干潟の海側では雌モズだけが、一方、内陸側では雄モズだけが、そして干潟の隣の森にはまた別の雌モズがいつも、姿を見せます。どうやら、それぞれが縄張りを持っているようです。でも、もうすぐ春が来たら、雄モズはどちらの雌モズにプロポーズするんでしょうか?
a0223993_101697.jpg
a0223993_103039.jpg
a0223993_104691.jpg
a0223993_105718.jpg
a0223993_111996.jpg
a0223993_1129100.jpg
a0223993_114148.jpg
梅の花はほころび始めても、春はまだ先と言わんばかりに、森の暗がりには山茶花がまだ盛んに咲いています。
a0223993_1112271.jpg

by Omori_Seacoast | 2013-02-05 23:52

モズ(百舌)、雄/Male Bull-headed Shriketo

近くの森で葉、最近は雌ばかりを見かけましたが、今日は久しぶりに雄のモズに逢いました。
a0223993_1422317.jpg
過眼線が黒い雄の顔は、やはり精悍です。
a0223993_1424571.jpg
a0223993_1425160.jpg

by Omori_Seacoast | 2013-01-05 23:59

モズ(百舌)、雌/Female Bull-headed Shriketo

新年、明けましておめでとうございます。
爽やかな冬晴れの今日もやはり近くの公園へ出かけました。でも鳥たちも正月休みなのか、出逢えた鳥は少なく、モズが元旦の主役になりました。
a0223993_23453026.jpg
a0223993_2345454.jpg
今年もよろしくお願いいたします。
a0223993_23455258.jpg
a0223993_20355842.jpg
a0223993_2036574.jpg

by Omori_Seacoast | 2013-01-01 23:48

モズ(百舌)/Bull-headed Shriketo

冬の干潟では雄モズが高鳴きして、春に備えて縄張りを主張していました。
a0223993_22415792.jpg
春になったら、自分の縄張りを雌に披露して、プロポーズするんでしょうね058.gif
でも下の写真の雌は意外と気が強そうです。
a0223993_2244301.jpg

いっぽう、こちらのまん丸と太った雌は優しそうです。
a0223993_23542124.jpg

最小の猛禽と呼ばれていますが、雄は目がまん丸で意外と可愛い顔をしています。
a0223993_2247658.jpg

by Omori_Seacoast | 2012-12-10 22:50

エゾビタキ(蝦夷鶲)/Grey-streaked Flycatcher、渡りの途中

今日は朝からさわやかな秋晴れでした。近くの公園には、南へ渡る途中に立ち寄ってくれたエゾビタキがまだ居てくれました。
a0223993_19563623.jpg
a0223993_1943411.jpg

宙を舞うアキアカネを上手に捕えては、一気に飲み込んでいました。
a0223993_19452374.jpg
これから遠い南の国まで辿り着くためのエネルギーを蓄えようと、何匹も食べていました。
a0223993_19471698.jpg

もうすぐこの森からは姿を消すかと思うと寂しくなりますね。
a0223993_19484880.jpg


涼しくなり、メジロも山から下界へ下りてきました。
a0223993_19531764.jpg

モズも高啼きを始め、季節はまさしく秋です。
a0223993_19584931.jpg

今日の午後の空は、きれいなさば雲に被われていました。
a0223993_2021759.jpg

by Omori_Seacoast | 2012-10-13 20:04

出張先の播磨地方も夏を迎えようとしています

先週末の日曜日から、播磨の山中へ2泊3日の出張でした。繁殖期とはいえ、やたらにうるさく啼くモズの番いがいました。
♂モズ
a0223993_0364753.jpg
♀モズ
a0223993_0403113.jpg
それには訳がありました。私が通る傍には、彼らの巣があり、少なくとも2羽の雛が孵っていたのでした。
a0223993_142857.jpg
でも、この雛の脚には巣材に使っていたビニール紐が絡んでいて、巣からほぼ中吊りの状態でした。助ければ、親は巣を放棄して、他の雛も生きていけなくなりますので、どうすることもできません。あくる朝には、悲しいことにこの雛はもう動かなくなっていました。次に訪れた時には、もう巣立ちして、巣は抜け殻となっているでしょうが、残った雛たちが、親に負けないくらい元気に育つことを願うだけです。
a0223993_0502019.jpg
a0223993_05415100.jpg
a0223993_0543051.jpg
a0223993_0553140.jpg

敷地内にある礫地にはコチドリが営巣しているようですが、広すぎてとうとう巣を見つけることはできませんでした。
a0223993_121052.jpg
a0223993_121939.jpg
a0223993_122634.jpg
屋上では、滞在中はいつもイソヒヨドリが綺麗な声で囀っていました。よく見るとトカゲを咥えた雌も止まっていました。雄が濃いオレンジとブルーで鮮やかに彩られているのに、雌はまったく異なる様相です。屋上までは遠く、まったく下に降りてきてくれなかったのが残念です。
a0223993_181726.jpg
a0223993_182695.jpg
降りてこないと言えばキセキレイも、屋根の上でばかり鳴いていました。こちらは姿は綺麗ですが、鳴き声は今一つですね。
a0223993_1113711.jpg
a0223993_112635.jpg

ヒバリは前回と変わらず、よく啼き、よく飛んでいました。ヒバリにも個性があるようで、中にはあまりヒトを恐れない個体もいました。
a0223993_1162353.jpg
a0223993_1163298.jpg
草原にはヒバリの他に、セッカも遠くを飛んでいました。
a0223993_1184428.jpg
そのほか、前回と同様にキジもコシアカツバメもいました。
a0223993_1215279.jpg
a0223993_1221857.jpg
a0223993_1241579.jpg
腰は赤いというよりオレンジ色ですね。
a0223993_1245672.jpg
またツバメが巣作りを始めたところでした。1ヶ月後にまた訪れる予定ですので、その時は雛に逢えるかもしれません001.gif今回の出張は2泊3日とはいえ、一晩は徹夜作業でした。眠気覚ましに夜明けの外気を吸いに屋外に出ると、そこにはもう鹿が群れて、草を食んでいました。
a0223993_130043.jpg
a0223993_1303632.jpg
a0223993_1312178.jpg
裏山の獣道を辿ると鹿の置き土産がありました003.gifa0223993_658841.jpg
by Omori_Seacoast | 2012-05-25 01:35

春分の日

今日は春分の日、春のお彼岸です。朝から春らしい強い陽射しが注ぎ、冷たく吹く風が心地よいくらいでした。既に梅の花は盛りを過ぎ、開ききった花弁を太陽の光が突き抜けます。
a0223993_23563955.jpg
春本番はもうすぐそこまで来ていますが、冬鳥のカワラヒワはまだ北国へは帰らないようです。
a0223993_23571758.jpg
a0223993_23572987.jpg
オオジュリンも冬羽から夏羽に装いを変える途中のようです。これからもっと、雄の頭は黒くなっていくのでしょう。
a0223993_23591967.jpg
a0223993_035897.jpg
a0223993_049100.jpg
シジュウカラも新芽が育つ枝に遊び、春を待ちわびています。
a0223993_054092.jpg
モズはお気に入りの食べ物を見つけたのか、何度も地上に降りては何かをついばんでいました。
a0223993_061891.jpg
モズが止まる柳の新芽も春風に揺れていました。
a0223993_074467.jpg
a0223993_075373.jpg
a0223993_08153.jpg
a0223993_0111925.jpg
沈丁花も満開で、香ばしい香りを辺りにふりまいていました。本格的な春は確実にすぐそこまで来ているようです。
a0223993_0124270.jpg

by Omori_Seacoast | 2012-03-21 00:30

初桜

東京にもそろそろ春の兆しが見え始めてきたこの頃です。街中には沈丁花の花の良い香りが漂います。湾岸の埋立地にポツンと植えられている桜の小木には花がほぼ八分咲きの状態でした。花はソメイヨシノに比べて小ぶりですが、残念ながら品種が分かりません。
a0223993_0102914.jpg
桜が咲けば春本番に入るのですが、目の前に現れる鳥の様相は、モズやシジュウカラ等で、みな冬を思わせます。
a0223993_0103823.jpg
a0223993_0105158.jpg

by Omori_Seacoast | 2012-03-19 23:59

秋は日々、着実に

このところの週末はいつも雨に見舞われ、まともに探鳥を楽しめません。秋は天気が長続きしないと言いますが、それでも草木の葉は着実に色づいてきました。今日はモズが甲高い声で高鳴きして、数羽で落ち着きなく飛びまわっていました。。高鳴きは自分の縄張りに接近してきた侵入者に対する威嚇声なので、おそらく侵入モズを追いかけまわしていたのかもしれません。
a0223993_2211141.jpg
a0223993_22141753.jpg
黄色く色づいた葉の向うの枝に休むアオサギの羽も黄色く染まっていました。
a0223993_22101193.jpg

by Omori_Seacoast | 2011-10-23 22:36